ズキズキする痛み頭痛は身体のSOSだった!?

耐えがたい頭痛は病院で治そう|痛みにさよならを

看護師

適した科を見つけよう

頭痛はうつ病などの精神的な病気が関係していることもあります。適切な科を受診することが大切です。早期に治療を始めれば、早急に改善することもあります。心の病気に関係している場合には、精神科や心療内科の受診がお勧めです。

女性

頭の痛さはストレスが原因

長引く頭痛は医療機関を受診してCTやMRIなどの精密な検査をすることをおすすめします。また脳の異常や障害が原因から除外されるような場合は一度心療内科や精神科を受診してみてはいかがでしょうか。頭痛は心や体からの信号と捉える事が大事です。ストレスが起因となる場合は治療は焦らずゆっくりが基本です。

頭の痛みを解消する

医師

頭が痛いと、何をするのも億劫になってしまいます。頭に限らず体のどの部分に痛みが起こっている場合でも同じことが言えますが、人間の頭には全身の機能を司る脳がありますので、たかが頭痛くらいと軽く見てしまってはいけません。頭が痛くて生活に支障が出てしまっている場合は、早めに医療機関を受診して診察を受けてみるようにするのが一番です。風邪や多量の飲酒が原因で一過性の頭痛が起きている場合は、わざわざ医療機関で治療を受けなくても、時間の経過と共に自然に治ってしまう可能性が高いです。しかし、これといった理由もないのに、繰り返し頭痛が起こっている場合は、医師にしっかりと診てもらうのが望ましいです。ちなみに、頭部に突然激しい痛みが起こった時は、命にかかわる重大な病気が背後に潜んでいるおそれがあります。一刻を争いますので、躊躇せずに救急車を呼んでしまった方がよいかもしれません。ただし、いざ頭痛の治療を受けたいと思っても、何科を受診すればよいのか判断できずに悩んでしまう人が多いです。とりあえず内科を受診してみるという人が多いですが、慢性な痛みがある場合は、一般内科では対応しきれないのが実情です。ですので、頭部の痛みが頻繁に起こっている場合は、最初から神経内科や脳神経外科を受診するようにした方がよいです。また、近年では、専門の頭痛外来を置く心療内科が増えてきています。神経内科や脳神経外科は、脳周辺の血管や神経のトラブルを治療することによって、痛みが起こらなくすることを目指します。一方、心療内科の方は、患者の心理的社会的なストレスを軽減することにより、慢性頭痛の解消を目指します。現実的なことを考えると、機能的な異常が全く認められない原因不明の頭痛を訴える患者が年々増加してきています。そのため、心療内科を受診するケースが多くなっています。

どの科を受診した場合でも、まず頭痛の種類を特定するために、詳細な問診や検査を受けることになるのが一般的です。2014年に発行された国際頭痛分類によると、頭痛は一次性のものと二次性のものとに大別されます。ただし、一次性のものはさらに4種類に、二次性のものは8種類に細かく分類されます。また、一次性・二次性のいずれにも属さないものも存在します。どの種類に分類される頭痛であるかによって、その治療方法も当然変わってくることになります。頭痛治療に関する専門知識をあまり持っていない内科医に診てもらうと、とりあえず鎮痛剤を処方されるケースが多いですが、安易な服薬はとても危険です。なぜかというと、病院を受診する前に市販の鎮痛剤を飲み続けていた患者は、薬物乱用頭痛を発症している可能性が高いからです。その場合は、鎮痛剤を服用することによりさらに痛みが悪化してしまいます。この悪循環を断ち切るためには、何よりもまず薬の服用を止めるのが先決です。日ごろから頭痛患者を専門に診ている医師に診察してもらえば、そのあたりのことを正確に見極めてもらうことができます。問診の他にどのような検査を受けることになるのかと不安を感じる人が少なくありませんが、具体的な検査内容は医療機関ごとにマチマチになっています。患者の体を医師が触診して筋肉の麻痺や委縮が起こっていないかを調べたり、患者を実際に歩かせてみて歩行姿勢に異常がないかを確認したりするケースが多いです。また、脳CTや脳MRI、脳波検査、脳血流検査、髄液検査、血液検査などが実施されることもあります。どのような検査を実施するかについては、患者の状態を診察した上で医師が判断します。適切な治療を受ければ痛みをなくすことができますので、気になる症状がある人は早めに医療機関を受診するようにした方がよいです。

カウンセリング

頭が痛い症状

頭痛は、うつ病などの精神疾患とも非常に関わりが深い症状です。自律神経の乱れが、多くの場合関係しています。頭痛もちの方は明るさによって自律神経が乱れやすい傾向があり、雨の日や曇りの日は特に要注意です。明るい環境に身をおくことも、治療に役立つことがあります。