頭が痛い症状|耐えがたい頭痛は病院で治そう|痛みにさよならを
女の人

耐えがたい頭痛は病院で治そう|痛みにさよならを

頭が痛い症状

カウンセリング

精神疾患とも関係

偏頭痛や緊張型頭痛は、心理的な要因との関係が現在では指摘されます。心療内科や精神科を受診する患者さんの中には、頭痛もちの方が多いのが現実です。精神疾患と頭痛との間には複雑な関係があり、専門医でも効果的な治療が出来ないケースが多々見られます。例えば、うつ病などの精神疾患では、頭の痛みも症状の一つに挙げられます。うつ病の場合には肩こりなどが原因で、緊張型頭痛が発生することも多いです。血行が悪くなると脳の血管も収縮しますので、血流不足から頭の痛みが起こります。うつ病では自律神経が乱れやすく、血管の収縮と拡張が頻繁に繰り返されるのが一つの特徴です。こういった状況が発生すると、肩こりや緊張型頭痛、偏頭痛などが生じます。ほとんどのケースで、この自律神経が関係しているのがうつ病で起こる頭の痛みです。他の精神疾患でも多かれ少なかれ自律神経が乱れますので、同様の症状があらわれます。こういったパターンとは逆に、受診者の中には度重なる頭の痛みが原因となり、うつになっている方も少なくないです。この場合には、痛みというストレスがうつの大きな原因です。海外の調査では、日常生活で何らかの痛みを感じやすいほど自殺するケースが多いという結果が出ています。痛みは体にとって大きなストレス要因となりますので、心への影響も軽視できないレベルになります。様々な要因で起こる頭の痛みに関して、心療内科では原因を見極めながら治療を行ないます。各症状に合った薬を処方し、生活改善などをアドバイスするのが一般的な診療スタイルです。

自律神経を調整

自律神経の影響を受けやすい頭痛は、生活の改善で症状を抑えることも時に可能です。自律神経は、精神状態はもちろん、その時の環境にも左右されます。特に明るさは、自律神経に大きな影響を与える要素です。実際、日照条件が悪く明るさが得られない地域では、うつ病が増えます。気温も影響力が大きく、寒い地域は概して自殺率が高いです。このような傾向を踏まえながら、生活全般に工夫を凝らします。一般的に雨の日や曇り空の日は、頭痛が起こりやすいと言われます。その理由には色々な説がありますが、日照条件も有力な要因の一つです。従って、頭痛もちの方は、雨や曇りが続く時期には敢えて普段より明るい環境で過ごすと、頭痛が抑えられる可能性が出てきます。家の中の照明を工夫するのも、一つの方法です。また、雨や曇りの日に敢えて外出するというアプローチも役立ちます。リラックスが出来るお店やリラクゼーションサロンなどに足を運んでみると、症状の変化が期待出来ます。商業施設の場合には、通常よりも室内が明るいことが多く、自律神経を整えるのにも最適です。こういった方法は、既に頭痛が生じている場合は避けた方が無難です。人込みなどは、頭痛を引き起こす一つの要因として指摘を受けます。ですので、当日の自分の体調を見ながら1日の過ごし方を考えるのがベストです。治療を受けている心療内科の医師に相談することも、症状の悪化を防ぐためには求められます。治療で処方される薬を所持していれば、余計な不安も不要です。